スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

05 スマートフォン普及と課題

 

情報リテラシ

http://yokotashurin.com/sns/smartphone2016.html

 

 

今回は、今ではもう当たり前のように人々が手に持つようになった「スマホ」に焦点を当ててみる。

 

携帯電話、いわゆるガラケーとスマホの利用率が逆転した2013年9月は、

iPhone5sの発売とNTTドコモでiPhoneの取り扱いが開始された月だそう。

 

 

 

 

では、年代別のスマホ利用率を、3年間で比較してみると。。。

驚くべきは、60代の利用率が2.6倍になっている点。最も伸び率が高いのはシニアの層だということ。

 

ということは、つまりスマホは、デザインを重視しすぎて機能性を失うといった問題を起こしていない。

老若男女、またどんな国の人々に受け入れられるモノである。これってめちゃスゴいこと。

 

 

 

 

スマホやSNSが普及したのは使い手からしてみると、「たのしい!」「便利!」といった感想であると思う。

 

デザインを学ぶ学生として、提供者の側に立ち考えてみれば、

これほどの人気を生み出すための努力や苦労が計り知れないことはよくわかる。

 

 

Webデザインだけでなく、人間工学的な観点からも、利用者の意識を密かにコントロールしてこそのスマホ普及率であろう。

 

 

 

ここで、

iPhone(4s)を手にしてからスマホを利用する上でのプラスマイナスを挙げてみた。

 

プラス

・とにかくベンリ

・すべてが身近に感じる、離れて暮らす家族も、世界も

・アプリによって管理されるため、手荷物は1つで済む

・制作のインスピレーションを受けられる

 

マイナス

・漢字が書けなくなってきた

・電池が切れ、連絡手段がなくなるいちいち不安

・情報が多すぎて、時に本当に重要な部分を見失う

・友人たちと繋がりすぎて、窮屈になる時がある

 

 

マイナスの面で挙げられる事項は、「便利さ」が故に起きる現象のようにも感じられた。 

先進的な面を持つ一方で、原始的、ここで言えば知恵や文化、の本の伝統的な部分が失われているようにも感じるのが現状である。
 

 

スマホは人類に大きな時代を生み出し、この先も更新し続けるのだろう。

 

 

参照

https://marketing-rc.com/article/20160731.html?r=m

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com

 

04 ソーシャルメディアの台頭

 

情報リテラシ

http://yokotashurin.com/sns/rise2016.html

 

 

memo

Twitter : 弱い絆の強さ 匿名 - ローンの相談や性の悩み

Facebook : 6次の隔たり理論 顔がわかる - 妻の誕生日プレゼントの相談

 

 

「ソーシャルネットワーキングサービスがソーシャルメディアへ昇格し、マスメディアと対比された」

この一文は、今日の情報社会をよく示していると感じた。

 

マスメディア : サーノフの法則(5000人に情報を与えるのに5000人に送らなければいけない)に対し、

ソーシャルメディア : メトカーフの法則(5000人に情報を与えるのに100人に送ればみんなに伝わる

 

多くの人とつながるより簡単なこととなってきた。

 

 

 

そこで目に止まったのは、「アラブの春」である。

 

歴史的にこれまで、誰かの死が世界的に大きな革命を起こすことはあった。

例えば、サラエヴォ事件での皇太子夫妻の死。第一次大戦の引き金となった死といわれている事件である。

 

ではこの、「アラブの春」ではどうだろうか。

 

ここでの引き金とされるもの。それは、ごく普通の青年、モハメッド・ブウアジジの自殺である。

ではなぜこんなにも世界的な運動となったのか。

 

 

そこでキーとなるのが、Facebookであったのだ。

その焼身自殺の様子をFacebookに投稿したことにより、この革命は起きたのである。

 

 

 

今やソーシャルメディアは、テレビニュースよりも速く、より正確な情報であるように思える。

それ故に、誤った情報をも鵜呑みにしてしまう危険性もある。マイナスな面は特に意識し、慎重に活用することが求められている。

 

 

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com

 

 

03 検索エンジンの変遷と進化

 

情報リテラシ

http://yokotashurin.com/seo/search-engine2016.html

 

 

memo

SNSはメニューの選択肢が5〜7になっている。

 

やはり見やすいことと使いやすいことはイコールかも。(デザインにおいて、たまにネックになる部分でもあるけれど。)
これほどまでにSNSが急速に普及したのは、言われないと気づかないような細かなコントロールによるものかな。

 

 

 

memo

2001年 Yahoo!とGoogleが提携 : 検索結果はおなじ!

 

がしかし、そうか。なんとなくGoogleの方が見やすいと感じていたのは、Yahoo!の検索結果にはYahoo!の関連情報が入りすぎていてたのが原因なのか。

 

また、Googleは検索エンジンの会社ではなく、広告代理店。これまたオドロキ。

 

売り上げの9割が広告収入であるために、検索サービスは無料で提供できている。

でも、もし検索エンジンがフリーでなかったら、、、?日本でも様々な格差が生まれているだろうな。

 

 

常にクリエイティブであるために、検索エンジンは時に味方で、時に敵。

わたしたちはネットと上手い付き合い方をしなけらば、きっと良いものを生み出すことはできない。

 

 

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com

 

02 インターネット歴史と概論

 

情報リテラシ

http://yokotashurin.com/etc/history2016.html

 


memo

世界初で初めて公開されたウェブサイト、クール。

http://info.cern.ch/hypertext/WWW/TheProject.html

 

Twitterのリプライから交際へ。ブログのコメントから結婚へ。

「出会い系サイト」はあんなにも敬遠されていたけれど、「ネットワーク」と言いくるめてしまう現代で、

「出会う」ことに対しての、一昔前のいやらしさみたいなものはかなり減少したのでは。いいのか、わるいのか。

 

 

 

今回の講義を受け、WEBブラウザの歴史と自分自身の歴史を重ねてみた。

 

1995 インターネット元年 : Internet Explorer がリリース

     アライ 誕生

 

2001 ネットの一般化元年 : ネット人工が成熟期へ

     アライ 小学生 おさがりのゲーム機はゲームボーイ。

http://kakaku.com/item/20502010033/images/

 

 

2004 ソーシャルメディア元年 : mixiがサービス開始

2005             YouTube

2006             Twitter

     アライ 小学校でインターネットを習う。一太郎スマイル。

http://www.ita.ed.jp/edu/media/jyugyou/watanabe-taka4/smile.htm

 

 

2007 スマートフォン元年 : AppleがiPhoneを発売

    アライ 中学生 「ガラケーいいな」とか考え出す。

 

2013 ウェアラブル元年

    アライ 高校生 ガラケーを手に入れる。

http://kakaku.com/item/K0000426899/images/

 

 

2016 AI・IoT・AR・VR元年 : ポケモンGOが世界的大流行

    アライ 大学生 iPhone、Macと、Apple製品にベタ惚れ。

http://www.apple.com/shop/buy-iphone/iphone6s/5.5-inch-display-128gb-silver

 

 

 

こうして自分の年齢と重ねてみると、

まさかあんな頃にはもうこんなことが、、、と思わされる結果となった。

 

考えてみれば、インターネットとは同世代。この数十年での進化が凄まじい。

この先更新されていく歴史が楽しみでもあり、怖くもある。

 

 

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com

 

 

01 情報リテラシーを学ぶ理由 / 長岡造形大学

 

 

情報リテラシー : 情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のこと。「情報活用能力」や「情報活用力」、「情報を使いこなす力」とも表現する。

 

 

溜まってしまったレポートを進める日が来た。。

 

造形大学3年後期、

履修した情報リテラシーであるが、毎回の面白い講義はむしろ息抜きのような授業。

 

こういったソーシャル・ネットワーク的視点を学ぶことは、「デザイン」の分野においても新しいアプローチの可能性を拡張させるように思える。

 

 

学ぶこと自体も面白いのだが、やはりわたしも現代人なのだろう。学び方が面白い。

LINE、Twitter、SNSツールやインターネットをフル活用して進む授業、何より言葉巧みにな先生の講義は飽きさせない魅力に溢れている。

 

個人的な見解にはなるが、

ネットに特化している人には、ブラックジョークや皮肉がウマいな。。なんてつくづく思わされる。

 

 

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com