スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

08 位置情報で激変の生活習慣

 

情報リテラシ

http://yokotashurin.com/etc/location2016.html

 

 

今回の講義でまず見た、衝撃的な映像がこちら。

 

 

 

ハッキングによる個人情報の漏洩の恐ろしさは熟知しているつもりであったにも関わらず、

講義を受けその恐怖は倍増させられることとなった。

 

わたしは、Wi-Fiの自動接続は常にオンにしているため、十分にハッキングの可能性を感じた。

 

 

最も驚かされたのは、写真に記録されるExif情報についてである。

 

Exif情報とは、写真用の日時や場所のデータを含む画像フォーマットのことで、

これが漏れると今現在の自分の位置情報が知られてしまう可能性がある。

 

簡単に写真や動画を載せられるようになったSNS社会で、とても恐ろしいことだ。

 

 

 

位置情報のサービスのおかげで、方向音痴のわたしでもスマホ片手にどこにでも行ける時代となった。

去年の夏にはポケットWi-FiとiPhone4sをポケットに入れてタイに一人旅もした。

 

タイの言語は難しく、読み書きすることができないが、

現地の人にスマホのマップ画面を直接見せることで難を逃れたことが何度もあった。

 

海外でも正確な位置情報と正確な地名が更新されていることを体感した。

 

 

位置情報の機能は、悪用を頭に置いていない人々にとってかなり利便性の高いツールであると感じる。

しかし一方で、悪用を考えている人も存在するということが分かっている今、自分の情報、そして身は、自分自身で守る必要がある。

 

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com

 

 

スポンサーサイト

コメント