スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

04 ソーシャルメディアの台頭

 

情報リテラシ

http://yokotashurin.com/sns/rise2016.html

 

 

memo

Twitter : 弱い絆の強さ 匿名 - ローンの相談や性の悩み

Facebook : 6次の隔たり理論 顔がわかる - 妻の誕生日プレゼントの相談

 

 

「ソーシャルネットワーキングサービスがソーシャルメディアへ昇格し、マスメディアと対比された」

この一文は、今日の情報社会をよく示していると感じた。

 

マスメディア : サーノフの法則(5000人に情報を与えるのに5000人に送らなければいけない)に対し、

ソーシャルメディア : メトカーフの法則(5000人に情報を与えるのに100人に送ればみんなに伝わる

 

多くの人とつながるより簡単なこととなってきた。

 

 

 

そこで目に止まったのは、「アラブの春」である。

 

歴史的にこれまで、誰かの死が世界的に大きな革命を起こすことはあった。

例えば、サラエヴォ事件での皇太子夫妻の死。第一次大戦の引き金となった死といわれている事件である。

 

ではこの、「アラブの春」ではどうだろうか。

 

ここでの引き金とされるもの。それは、ごく普通の青年、モハメッド・ブウアジジの自殺である。

ではなぜこんなにも世界的な運動となったのか。

 

 

そこでキーとなるのが、Facebookであったのだ。

その焼身自殺の様子をFacebookに投稿したことにより、この革命は起きたのである。

 

 

 

今やソーシャルメディアは、テレビニュースよりも速く、より正確な情報であるように思える。

それ故に、誤った情報をも鵜呑みにしてしまう危険性もある。マイナスな面は特に意識し、慎重に活用することが求められている。

 

 

 

横田秀珠先生 ホームページ

yokotashurin.com

 

 

スポンサーサイト

コメント